So-net無料ブログ作成

どこが名作?「ダル・レークの恋」 [タカラジェンヌに愛をこめて]

今年又上演されるそうです。あの・・・「ダル・レークの恋」
はあ~  ため息です。
私あの作品嫌いなんです。
私の大好きだったマリコちゃん(麻路さき)にあんな駄作やらせて怒り心頭でしたよ。
全然柄に合ってないインドの兵隊なんてやらされて(ターバン似合ってないし~)それでもまじめな彼女だから一生懸命演じていましたよラッチマン。
だからこそあの内容、あの演出。
余計に痛々しくて。

菊田一夫先生という大御所の作。そして宝塚の至宝といわれる「春日野八千代」大先生が演じたというだけで名作名作って騒ぎすぎ。

内容ちっとも面白くない。
ラッチマンがかっこよくない。
カマラはただのプライドばかり高いヒステリックな女性でヒロインのかわいらしさが無い。
他の登場人物も誰一人魅力が無い。

当時星組ラブの私には大好きなジェンヌさんの宝庫だった星組なのに誰一人感情移入できなかったのは見ているわたしに問題があったのか?

この作品が好きな人って少なくとも私の周りの宝塚ファンにはいない。
なんか台詞が聞いてて恥ずかしい、そして理解できないもののオンパレード。
結局カマラとラッチマンは何で結ばれなかったの。
色々誤解もあったけどすべてわかってもなぜラッチマンは去っていったの。
カマラの性格も終始一貫してないし。

マリコちゃんってあの「うえだだいしぇんしぇい」にかわいがられたのが不運のトップさんだった。
お披露目がそう。そしてラストステージ。
「暴君ネロ」はどうやったってヒーローにはならないの。
まして植田先生の筆じゃ無理。
それならあの土方で華々しく卒業させてあげたかったな~
かっこよかったものあの土方。
死に方にも花があって・・・。

再演物にこだわるならぜひぜひ「ノバボサノバ」をお願いします。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。