So-net無料ブログ作成

あなたの知らない世界(葬儀) [色・彩・いろ]

お葬式の時のお話ですが、霊的なものではありません。
霊よりももっと怖~い親類および近所の方々とのやり取りです。

我が家では40数年ぶりに出す葬式でした。
当然本来仕切るはずの父が送り出される本人なのですから頼りになるのは近所の住む父の一番下の弟(叔父)
本当のこの叔父には最初から最後まで世話になりっぱなしで足を向けて眠れません。
母方のいとこにも着付けをしてもらったり、父方のいとこやそのお嫁さんまでずっと台所の手伝いをしてもらったりして本当に助けられました。
人のつながりって大事ですね。
とくに日頃のお付き合いがものを言う。


でも、騒動を起こしてくれるのもまた親類だ。
それも親切心で注意してくれる(的外れだったり、おせっかいだったとしても)ことには素直の感謝するが、ただの嫌味だったり、完全な逆切れだった利されると私自身人間が出来ていないので瞬間湯沸かし器に火が付いてしまう。

出棺の時うちの父方の親戚が何人かお経の最中に私語がかなりうるさかった。
司会をしてくれているメモリアルの方からもマイクで「私語はおつつしみください」とアナウンスが入ったほど。
それでもやまなかったので主人が注意をした。
私やその時周りにいた人はその言い方そのものにも疑問も感じなかったのだが、言われたほうは納得できなかったようだ。
言われたのがどうやらうちの父方の親戚では一番うるさ型の私のいとこ(10歳以上上ですが)の娘だったらしい
3人の子持ちでいい大人です。
それで、そのいとこが私が一番親しくしているいとこに主人のことをすごい勢いで文句を言ってきたそうな。


本来の私ならここで
「お経をあげている最中に私語を注意されてもやめなかったほうがいい大人としてどうかと思う。主人は間違ってないと思うからあやまるつもりはない」と言い切ってしまうところだ。
自分の父親の葬式でなければたぶん言ってたな。
聞かされたのは告別式などがすべて終わった後だったから喧嘩にならなかったけど。
間に入ってしまう格好になったいとこがとりなしたら「うちは一等親だ!!」との賜ったらしいが、やってる事はまるでお客さん。
そして孫たちをぞろぞろ連れてきてみんな食事していったので予定外の数が出て足りなくなった。


近所にも振り回されました。
一人なかなか難しい人たちが(夫婦)いるのですが、運悪くこのうちが今年の組長さん。
いやでもお手伝いを頼まなければならないのです。
気を使って怒られて嫌味言われて…。
ひたすら頭下げ続けの3日間でした。


悲しんでる暇がないというより心に余裕がない。
父の顔さえゆっくり見られなかった。
だからまだ本当の意味でお別れができていない気がする。


すぐ上の姉と不謹慎ながら
「こんなに身内がすっ飛びまわらなければならない葬式なんていやだ~
お母さんの時は金かかっても近所も親類も頼まないで葬祭場でやろう」と決めました。
きちんと父に向かい合う時間さえないまま火葬され、墓に入ってしまったことが何んとも悔やまれます。

だから田舎の葬式は嫌じゃ~!!
nice!(1)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 5

元気

こんばんは。

>きちんと父に向かい合う時間さえないまま火葬され、墓に入ってしまったことが何んとも悔やまれます。

お墓に入られたのですね。
お疲れ様でした。
お身体ご自愛下さい。

まだまだ、色々あると思います。
偲ぶことが一番の供養ですから、お墓参りされたら良いと思います。
お墓がお近くなら… 幸いだと思います。(^_^)

by 元気 (2009-11-03 20:34) 

まご

49日まではまだ、お父様はそばにいらっしゃいますよ。
ゆっくりお別れができますように。
by まご (2009-11-03 21:53) 

izunosuke

元気様。
幸いお墓は近くなので、折に触れノンもつれていきたいと思います。
ノンが来年から通う小学校のすぐ隣のお寺さんですから、きっとノンを見守ってくれると思います。
最後までノンが大好きで、ノンもじいじが大好きでラブラブな二人でしたから。


まご様。
心の中で毎日のように話しかけてます。
臨終に間に合わなかったけれど、前日にしっかり意識がある間に話ができたこと、ノンの事最後までかわいいかわいいと言ってくれたこと。
あれほどぶつかりあったこともきっと時がいい思い出にしてくれると信じてます。
by izunosuke (2009-11-04 17:31) 

さーママ

落ち着きましたか?

葬儀は、厳粛なだけじゃないんですよね。
私の父の時は、日が悪くて、亡くなってから葬儀まで4日もあいてしまいました。毎日が通夜状態で、親族は疲れ切っての葬儀でした。
和尚さんが寺世話人をしていた父のためにと、長~いお経を唱えてくれました。いい子守歌になって、母をはじめとする親族4人(もちろん私も)こっくりこっくり船こいでました^^

葬儀の様子、きっとお父様も笑って見てらしたんじゃないでしょうか。この世のあさましさを近いけど遠くの世界から見て、懐かしがっていらっしゃると思いますよ。
by さーママ (2009-11-06 21:26) 

izunosuke

さーママ様。
冠婚葬祭の中でも「葬」は一番人間臭さが出る行事ですね。
良くも悪くも今までの人間関係を否が応でも見つめなおすことになる。
今まで良好と思っていた関係が崩れたり、苦手だった人と気持ちが通じ合ったり。
友人でも親類でもそれは同じ。
「葬」をきっかけに絶縁した話もよく聞きますからね。
父は意外に面白がってるかもしれません。
by izunosuke (2009-11-09 07:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。