So-net無料ブログ作成

[zucca×zucca] はるな檸檬 [タカラジェンヌに愛をこめて]

最近ひそかに「オタク」と呼ばれる方々に注目されている本があります。(ヅカヲタに限らず)


ZUCCA×ZUCA(1) (モーニングKCDX)

ZUCCA×ZUCA(1) (モーニングKCDX)

  • 作者: はるな 檸檬
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2011/07/22
  • メディア: コミック



ZUCCA×ZUCA(2) (KCデラックス)

ZUCCA×ZUCA(2) (KCデラックス)

  • 作者: はるな 檸檬
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2011/11/22
  • メディア: コミック




値段は普通のこの大きさ、ページ数から言ったらちょっとお高めの900円越え。
でも、納得してしまう。[あせあせ(飛び散る汗)]

絵は決して上手じゃない。むしろ下手うま画の部類だと思う。
なのに、なぜはまってしまうのか。[ふらふら]
宝塚にはまった人ならたぶん理屈抜きにわかる世界だから。
ヅカヲタではなくてもディープな世界のファンなら対象は違っても心理は分かりやすいようです。

宝塚を初めて見た人の場合完全にその後ふた方向にきっぱりとわかれる。
その点では初観劇はわかれ道なんて甘いものではなく目いっぱい直角のT字路なのだ。
そしてヅカヲタは間違いなく慢性の金欠病に陥る。
だって際限ないもの。
次から次だもの。


新陳代謝(退団とトップ交代)が激しすぎてまるでやめようと思ってもその刺激がなかなか抜けない麻薬のようなもの。
私の場合自分のごひいきさんの退団と子育ての時期がリンクしちゃって強制的に離された感じですが…。

今の若手の名前が覚えられなくなったのが致命的。
どっぷりだったころはすべての人の入団年数と何期生か、愛称まで言えたのに…。
今じゃあ卒業生の愛称まであやふやになり、知らないうちの下級生から見てきた生徒さんが退団していたり…。
もうすっかり浦島太郎状態…。

そして今の楽しみは生の舞台で楽しんでいたジェンヌさんがTVで活躍するのを見ること。
今フジの昼ドラでえみくらちゃん(映見くらら)が頑張ってるし…。


先日久々にゆみこちゃん(彩吹真央)のポスターを見ました。
とうこちゃん(安蘭けい)主演の舞台に共演するんですね。
それもしっかり女性の役で…って当たり前ですが。
なんだかまだ慣れないなあ
ゆみこちゃんの女装…もとい女優姿。

ゆみこちゃんのルドルフが忘れられないんだよね~
♪やみがひろが~る 
苦悩しながら黄泉の帝王の差し出す手に崩れ落ちるルドルフの儚げでいて少年の色気のある品のよい皇太子でありました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。