So-net無料ブログ作成

アンテナ感度がよすぎる・・・。 [発達障碍]

発達障害の子にはアンテナ感度がよすぎる子が多いと言われます。

自分から能動的に動けない子はもちろん奇異積極型の子も多分そう。
言葉でなかなか自分の感情示せないから何にも感じてないとか空気が読めないとか言われがちだけど、実は逆なのです。

アンテナの感度がよすぎて周りの空気を読みすぎてしまって、不安になったり挙動不審になったりする。

大人でも子供でも何も言わない子や動作が遅い子には何やってもいい、何言ってもいいと思う人が一定数いる。
(どうせなにもわからないでしょ)と思ってるのが言動からありありとわかる。

今まで時に泣くほど悔しかったり、怒りに震えたり、あきれたり自分の感情の波を処理するのが大変だった。
今でもこういう人たちが確実にいるんです。
視界に入る、大人の付き合いをしなければいけない。

そりゃあストレスですよ。
特に相手はわからないだろうと思ってやってるんだけど本人は全部わかっていて(バカにされてること、仲間に入れてもらえないこと)それでも相手を悪く言わないことに私は拍手を送りたい。

世の中に出ればもっともっと嫌なこと、悲しいことあるよ。
その時にスルーできる力をつけてあげたい。
そのためには本人の肯定感を絶対に落としたくない。

相手にぶつける強さではなく、しなやかな強さを持つこと。
風に立ち向かうよりも受け流す強さ。
なよ竹のごとく・・・。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。